大阪で在宅チャットレディを始めるなら!押さえておきたい4つのコツ

       

チャットで得た情報をメモしておく

どんなお仕事でもメモをとることは大切です。
チャットレディでも、過去に話したことを覚えている女性は人気がでて、ランキングが上がりやすい傾向があります。
名前をはじめ、どんなトークをしたか、おすすめされた商品、趣味など、なんでもよいのでトークした後に覚えている範囲でメモしておきましょう。
パソコンのメモ機能を使うのもよいです。
次に話す機会があれば、会話につまったときのサポートなどにも役立ちます。

気遣い・心遣いを忘れない

人によって程度は異なるものの、気遣ってくれる女性に男性は好意をよせます。
ちょっとしたときに気遣いの言葉を忘れないようにしましょう。
咳をしていたり普段マスクをしてない人が着けていたら大丈夫?といった一言や、2回目チャットリクエストをくれた人には、ありがとうといった言葉などがあります。
難しいと感じる方は、相手の気持ちになって考えてみれば自然と言葉がでてきますよ。

親しみやすさや親近感を与える

親近感を与える方法として一番簡単なのは、笑顔で対応することです。
楽しく話したいと思っている男性にとって、笑わない女性は「話していてもつまらないのかな?」と考えてしまいます。
また相手の話をしっかり聞くことも大切で、聞いているときにはしっかり「うん」などのあいづちや「わかるわかる」といったリアクションをとることも、相手の話にしっかり耳を傾けてくれる人、という印象を与えます。

お礼メールや営業メールをマメに送る

登録したシステムが男性へのメール可能なサイトならば、使わない手はありません。
有効に使って男性にアピールしましょう。
まずはリクエストをくれてトークした方へ、お礼のメールを送りましょう。
2、3回話したことのある方なら営業メールを送ることも大切です。
ですがあまり相手に負担をかけすぎない範囲で、どのくらいの頻度でライブチャットを使っているのかを把握して、そのペースに合わせることが重要です。