知り合いにバレる!?本町で在宅チャットレディをするなら気をつけること

       

映りこむ風景、家具や持ち物

在宅でのチャットレディは、どんな場所に住んでいても通勤時間を気にすることなく働けますが、身元が分からないようにするため環境面には特に注意が必要です。
例えば自室にある家具や持ち物が地域限定で販売されているものだと、ある程度の住所が特定されてしまうこともあります。
窓から見える景色や建物から住んでいる場所が特定されるなんてことも。
どこにでも売っているものだけを映るようにしたり、一色の布ですべての家具を隠してしまう方法や、背景を壁にするなど工夫をすることも有効的です。
相手は知らない男性ではありますが、可能な限り個人情報につながるものは映さないようにしましょう。

個人情報は話さない

自分が学生なら学校に関すること、社員であるなら本業の職場の話、こういったことは可能な限り話さないようにしましょう。
もちろん自分の本名や住んでいる地域のことなどもしゃべらないように注意しなければいけません。
聞かれた場合には、それは言えないといえば大丈夫です。
できるだけ話を広げたいのであれば、事前にネットなどで楽しめそうなエピソードを集めておくなど、サポートになりそうなものを準備しておき、本来とは別のキャラクター決めて、それを演じるつもりで話す方法もよいでしょう。

お金遣いの急激な変化

彼氏はもちろん、女性の友達など、周囲の人にお仕事内容を知られないようにするために、チャットレディでの報酬が増えてもお金の使い方を急に変えたり、使い方が変わったことを悟られないようにしましょう。
特に通帳を見せ合うほどの恋人だったり夫がいる主婦の方は、事前にチャットレディ用の預金口座を新しく作成するのもよいです。
一緒に住んでいる人がいるならば、外食が増えた場合にはレシートを家に持ち帰らないようにしたり、コンビニ弁当などの購入が増えたら容器のゴミなどにも気をつけておく必要があります。